寝るときこそ着圧ソックスを履くべきなのは何故?

着圧ソックスというと何となく寝るときに履くもの、という印象が
持たれていますがそれはなぜなのでしょうか?

着圧ソックスは寝るときに履くのが本当に効果的なのか、それ以外
には履く必要はないのかなど探っていこうと思います。

◎着圧ソックスはなぜ寝るときに履くのか?

1日中歩いたり、立ち仕事、座り仕事をしていた時、夕方になると
脚がむくんでパンパンになってしまう、靴がきつくなってしまうと
いう経験をしたことがある女性は多いと思います。

むくんだ脚を寝るときにもそのままにすると痛みやだるさで寝付く
ことができなかったり、翌日までそのむくみを引きずってしまった
りするので、できるだけその日の夜のうちにケアしましょう。

お風呂にゆっくり浸かったりマッサージをして血行やリンパの流れ
を促進してむくみや疲労を解消することも非常に有効ですが、寝る
ときに着圧ソックスを着用するとさらに効果的です。

脚は立っている状態では血流のポンプ機能である心臓よりも下にあ
るため、血液やリンパをめぐらせるためには重力に逆らう状態で送
らなければなりません。

そのため、筋力が弱い場合や筋肉があまり使われていない状況では
血行やリンパの流れが滞りがちになり、むくみや冷えが発生してし
まうのです。

寝るときは当然体を横にしているため、脚と心臓が平行になりめぐ
りもよくなりやすいので、就寝中というのはむくみや疲労の回復に
最適な時間です。

◎着圧ソックスは寝るときだけの着用でOK?注意点は?

◇就寝中は着圧力が弱いタイプを選ぶこと

寝るときに着圧ソックスを履くことはとても効果的ですが、高い着
圧力を持つ着圧ソックスを履くと体を締め付けすぎて逆にむくみを
悪化させてしまったり、痛みを感じることがあります。

寝るときに履く着圧ソックスは就寝中用につくられているものや、
着圧力がやや弱めのものを選び無理せず用してください。

◇骨盤矯正効果のあるタイプは日中の着用がおすすめ!

上でも書きましたが寝るときに着圧ソックスを履く場合は就寝中用
につくられたものを選ぶようにすることが大切なように、日中に履
くものも日中用につくられたものを選ぶことが安全です。

特に骨盤補正、骨盤矯正効果やヒップアップ効果のある着圧ソック
スは、比較的着圧力が高めで、歩行中や立っている姿勢を想定して
つくられているものが多いため十分な効果を得るためには、立ち歩
きする機会の多い日中に履くことが大切です。

◇24時間の使用は禁物!

寝るときに着圧ソックスを履いている場合は、日中の使用は控える
など1日うちで着圧ソックスを履いている時間が長くなりすぎない
ように使用時間や頻度についても注意するようにしましょう。